ペットが熱中症になってしまったら?知って損なしの応急処置方法

0 いいね
読み込み中...

ペットも人間同様熱中症になる可能性があります。それどころか、犬は特に暑さに弱く、猫は体温調整が下手なので人間よりもずっと罹り易いと言えるので注意が必要です。

涼しければ熱中症にならない、は嘘!

熱中症は24度前後でも罹る可能性があります。体感温度が低くても、熱気が籠っていたり極端に湿度が高い場所では低温でも油断してはいけません。
水をこまめに摂る以外にも、温度調整が可能な場所なら空調設定の変更を、屋外なら身体を冷やす物を利用する等して体温の過度な上昇を防ぎましょう。

暑さのサインは?

猫は自分にとって居心地が良い温度の場所を求めて彷徨い歩くので、日陰に居たり冷たい材質の物に寄り添っている場合は暑いと思っているサインです。
年を取った猫は人間同様、温度変化に鈍くなるので涼しそうにしていても、注意して見てあげましょう。
犬は体温を下げる為に口を開けて荒い呼吸を繰り返して体温を下げようとします。
病気やストレスでも無いのに息を荒げている場合は暑い証拠かもしれません。

熱中症は誰でも罹る、死ぬリスクもある恐ろしい症状!

熱中症は誰でも罹るリスクがあります。決して軽んじてはいけません。
熱に犯され壊れてしまった体の細胞は元に戻りません。最悪は昏睡状態のままか死に至ります。
軽いめまいや吐き気程度だと判断せず熱中症だと分かったら直ぐに処置する事が重要です。

応急処置の仕方

直ぐに涼しい所に移動して身体(脇・首・内また)を冷やす事が先決です。
ぐったりしている場合はなるべく早い段階で病院に診せましょう。
冷水に漬ける等、極端に冷やす事はシバリング(振るえ)によって体が熱を上げる反応を引き起こしてしまい危険なので要注意です。