「ペットが居たら旅行は無理」はひと昔前の古い考えってホント?

0 いいね
読み込み中...

昨今は災害や景気の悪化だけでなく、飼い主さんが病気や事故に巻き込まれた時の為に代わりにペットの面倒を見てくれる存在が当たり前に居るべきであり、ペットを飼うなら家を空けてはいけないというのは今や古い考えとなってきています。
もちろん考え無しにペットを放置し旅行に出かけるのは論外ですが、ホテルやシッター等ペットサービスも充実してきてますし、ペットと四六時中ずっと一緒に居なくてはならないと言う価値観が必ずしも正しい訳では無いと言えます。

普段から別の人間にも慣れさせておくべき

性格や習性によっては外泊が難しいペットも勿論います。
寂しい、人見知りをしやすい、臆病なペットに関しては誰かに預ける前に普段から人を招待したり一緒に居る時間を調整したり色々な経験をさせてなるべく環境変化に慣れさせておくべきと言えます。
万が一の時に誰にも預けられないでは困ってしまいますから、これを機に飼い主さん以外の人間にも心を開かせる訓練をしてみてはいかがでしょうか?

身内やペットホテルに預ける

人見知りしないなら身内やペットホテルに預けるのがやはり理想的だと言えます。
連泊する場合で預ける都合が付かない場合は必ず利用しましょう。

一日程度ならお留守番を考えてもいいかも

しつけが万全かつ、環境が整えられるなら一日程度はお留守番を考えても良いかもしれません。
ペットカメラ、給餌機の用意や有事の際に駆けつけて貰えるように近隣に住む人に相談しておく等出来れば万全です。

  1. わんにゃん より:

    ワンオペ対応じゃいつかボロでるもんね。老後がー一人暮らしがーって言うけど、そういう人たちもペットを飼える暮らしの仕組みを作っていけばいいよね。

  2. わんにゃん より:

    タイトル見ては?って思ったけど記事読んで納得。確かに一人で世話するより有事対応できる誰かが居て当たり前という価値観になってったほうが懸命だもんな。