寒い日や雪の日の犬の散歩 気にするべき事は?

0 いいね
読み込み中...

犬の種類にもよりますが、比較的寒さに強い犬種が多いです。
冬の散歩は犬にとってそこまで負担にはなりませんが、いくつか注意しておきたい事もあります。

犬の種類によっては寒さに弱いので要注意

特に小型犬には被毛がシングルコートの寒さに弱い犬種がとても多いです。
見た目がもこもことした毛の犬であっても寒さには弱かったりします。必ずチェックしましょう。

衣類を利用するのも一つの手

犬に服を着せるのは飼い主さんのエゴだけではなく、犬の体温調整の為でもあります。
犬が嫌がらなければ服を着せる等工夫して体温調整しましょう。
長毛の犬が雪の上で腹這いになった時に大量の雪玉が付着してしまう事もあるので、その対策にもなりますよ。

雪遊びに要注意

雪の中に埋もれて見えなかった物で足先や肉球に怪我を負ってしまう事がよくあります。雪の多い地方では融氷剤を撒いている事もあります。皮膚炎を起こすこともあるので危険です。
雪遊びをする際は、防水・保温性の犬用の靴を利用するのをおすすめします。

帰宅後はしっかりとしたケアを

防寒着は着たきりにせず室温に合わせて必ず脱がせましょう。寒い時期は同時に乾燥する時期です。鼻先や肉球等が乾燥する様な場合はペット用のクリームを塗ってあげましょう。

犬が嫌がる時は無理をさせない

犬も寒さに弱かったり、寒さを嫌がったりもします。
痩せている犬・持病や疾患がある犬・子犬・老犬・単純に神経質な犬も寒さに弱いです。
無理に散歩させる必要性はありませんが、冬に備え食欲旺盛になり、身体自体も脂肪やエネルギー蓄えようとするので飼い犬は運動不足による肥満になりがちです。
散歩が出来ない日はエネルギー消費出来る様に家遊びや庭先で遊ぶ 等工夫してみましょう。