台風の後の道は危険がいっぱい!犬の散歩には注意して

0 いいね
読み込み中...

大きな台風の直後は道に破損した物が落ちていたり何かと危険がいっぱいです。
割れたガラスの破片を踏んで怪我をしてしまう恐れや、いつもと違う様子に興奮した犬が、好奇心から危険物に反応したりゴミや異物を誤飲・誤食してしまう可能性もあります。
また、台風の直後はまだ風が強かったり、物が倒壊・落下してきたりと、飼い主さんが安全面に関して犬の分まで配慮するのはかなり難しいと言えます。
やっときた晴れ間のチャンスを逃したくないのは分かりますが、無理してまで散歩するにはデメリットが大きすぎるかもしれませんよ。

台風直後は熱中症にも要注意

台風の直後はフェーン現象から外気が通常より高くなる傾向があります。フェーン現象が起こると、例え冬場でさえ季節不相応に異常に暑くなる日もあります。夏場は特に熱中症の原因にもなりかねないので無理に出歩かない方が良いと言えます。

台風の中でも外に行きたがる犬には

散歩に行けないのは台風のせいとはいえ、残念ながら犬にはそれは伝わりません。
単純に我慢させるのはストレスやフラストレーションが溜まってしまいますので、なるべく雨の日はブラッシングなどスキンシップやレクリエーションのような中遊びを充実させるよう習慣づけましょう。

  1. アバター わんにゃん より:

    台風過ぎたから散歩してきたよ~!ってゆう飼い主さんけっこういらっしゃるけど、大きな災害の後すぐに散歩って、道端に割れたビンとか窓の破片とか落ちてたりするから肉球あぶなくない?ってずっと思ってた