コロナの影響で変わったペット需要

0 いいね
読み込み中...

ペット需要が増え、ショップ・ブリーダー・問わず新しいペットを迎え入れようと駆け込んでくる人が増えている傾向です。
一度冷静になって本当に飼育できるかどうか見つめ直してみて下さい。

ペットショップは軒並み高額傾向に

生体販売は軒並み高額傾向になっており、その事情を知らない人は足元を見られ、不適正な価格で買わされてしまう可能性が高いです。
ペット業界は人気犬種や血統書付き、有名ブリーダーさんなどで値段が変動し、値段相場は基本的に存在しませんが極端に高額な所は怪しんだほうが懸命です。

ペット不可物件なのに…

ペット不可物件なのに内緒で飼育してしまう人や、大家さんや管理会社にどうにかして飼えないかお問い合わせする困った人が急増しているようです。
借りる前に交渉するのは迷惑にはなりませんが、借りた後で条件を変更してもらえる事は殆どありません。
ペット可物件が割高傾向なのには好条件という確固たる理由があります。

今後のお金の心配

ライフスタイルの変化や仕事に影響が出ている人も少なくないのではないでしょうか。
収入が安定していない、今後生活が苦しくなる可能性があるならペットも貴方も苦しむことになります。
未来の事を考えていたらキリが無い、は言い訳に過ぎません。
お金の無い環境下でのペットの飼育は諦めた方が懸命と言えます。
収入が少ない=飼えないと諦めず、ペットの生涯に掛かるお金を前もって貯金してしまうというのも一つの手です。医療費などイレギュラーなお金に対応出来ない場合などは持病などを踏まえ予め保険に入っておくのが懸命です。