大きくなったら興味なし?子犬や子猫にしか興味がない人の心理

0 いいね
読み込み中...

ペットショップではまだまだ小さくて可愛い子犬・子猫が大人気です。
大きくなったら可愛くなくなったので捨てたいと言う呆れた元飼い主は少なくありません。

犬猫をファッションやおもちゃ扱い

自分が楽しむ為のおもちゃやぬいぐるみ、自分が着飾る為のアクセサリーなど所有物扱いしたい欲で飼育を始めるとろくなことになりません。小さく可愛らしい犬の散歩に繰り出すオシャレな自分や、好きな時に構って癒やしてくれる都合の良い相手が欲しいという人は要注意です。
犬猫は大きくなると性格も見た目も大きく変化します。
ペットは法律上では所有物扱いとなりますが、生き物ですので何でも飼い主さんの思い通りになるものではありません。

子犬・子猫期間しか愛せない人はペットを飼育する権利なし!

小さい・可愛いものには庇護欲が掻き立てられるものです。若々しさには確かにそれだけで価値があるかもしれませんが、大きくなる事や老いる事など自然の摂理から目を逸らすような価値観を持っている人はペットを飼育するべきではありません。

大きくならない犬が人気な理由

姿があまり変化しない小型犬が根強く人気な理由は、餌代の兼ね合い・扱いやすさ・マンションや手狭な家でも飼いやすいからと言えます。
成犬になった愛犬を目の当たりにした時心変わりをしてしまうのが怖いという人は最初から小型犬を選んだほうが良いと言えます。
ただし、ティーカップ○○や豆柴などは遺伝で小さい個体になりやすいというだけで、大きくならない保証はどこにも無いので注意が必要です。