犬が言うことを聞かない…うちの子は「権勢症候群(アルファ・シンドローム)」?

0 いいね
読み込み中...

勢症候群とは?

犬社会では群れのリーダーがおり、犬は原則本能的に従う傾向があります。
群れのボスは他の犬を服従させようとしたり、自分のほうが偉いのだと行動で示します。
人間に買われている犬は人間社会のリーダーが手綱を握らなくてはなりませんが、これが上手く形成されず、犬がリーダーだと錯覚してしまうと言うことを聞かない犬になってしまいます。これが「権勢症候群」と呼ばれるものです。

権勢症候群は時代錯誤?架空の病?

昨今では権勢症候群論はアメリカの学会で否定されています。
犬の性格には人間同様個体差がありますし、ストレスや持病、躾の甘さや信頼関係が希薄な事が起因して犬が一時的にワガママに見える可能性は充分あります。権勢症候群に基づいた犬の飼育方法は今や時代錯誤と言われています。

とはいえ躾は大切に

近年甘やかし過ぎが原因で飼い犬を制御しきれていない飼い主さんも増えているのは事実です。
無駄吠えや噛み癖はさせない様に早期対策すべきですし、動物とはいえ人間社会で暮らさせる以上躾はやはり欠かせません。飼い主さんの言うことを聞かない犬にしてしまっては、飼い主さんの負担にもなりますし犬が他人に迷惑をかけてしまう懸念も否定できません。

  1. わんにゃん より:

    ちゃんとしつけしてない飼い主がいるのは今も昔も一緒。
    確かにアルファシンドロームなんてもんじゃないんだろうけど、犬に好き放題させてる飼い主には本当うんざりする。