現実は厳しい?猫カフェのバイトは狭き門?

0 いいね
読み込み中...

猫カフェでバイトをしたら楽しそう!と考える人は少なくないかと思います。
猫好きにとってはこれ以上にない天職であり猫と遊んでお金が得られる素敵な職場と思われるかもしれませんが実際のところはどうなのでしょうか。

どんな人が向いてる?

猫のお世話だけでなく、カフェである以上接客やカフェ業務も行わなければならない以上、普通のカフェよりも激務傾向であると言えるでしょう。
一見猫が好き・猫に詳しい人が向いていると思われがちですが、たくさんの命を扱うお店なので、どちらかというと接客好きで記憶力が良くイレギュラー対応に強く冷静で体力があり我慢強い万能な人向きと言えます。
また、土日祝日祭日・長期・長時間勤務を推奨する店が多く、スキマ時間でやりたい人や学生には厳しいかもしれません。

まっとうな猫カフェのアルバイトは実は少ない?

猫カフェでのアルバイト募集はとても少ないです。
特に保護猫カフェはボランティアメインの所や、アルバイトを雇う余裕が無いほどにギリギリの経営状況のお店が多いからです。また、アルバイトの雇用枠があっても、賃金が作業量に見合っていない場合も多い様です。
狙い目はあまり売上を考えず道楽的に趣味として経営しているような方針のお店ですが、現実的にほとんどないと言って間違いありません。
猫の事をあまり考えていないような儲け主義の企業は働き始めて辛い気持ちになってしまう可能性もありますので猫好きな人ほど避けるべきです。

賃金が安い

猫カフェの平均賃金は1000円程度です。都内で一人暮らしの人にはやや厳しい賃金と言えます。
比較的裕福で稼ぐのがメインとせず慈善活動をしてお小遣いが貰える位の感覚で働ける人向けと言えるでしょう。
保護猫カフェはアルバイトではなく、有償・無償ボランティアとして募集している事が多いようです。