コロナウイルスの影響で物流が滞っている…ペットフードは備蓄するべき?

0 いいね
読み込み中...

コロナウイルス蔓延でペットフードを作っている工場にも影響が出てくる事や、業務停止が長く続けば今後ペットフードが品薄になる可能性も今後考えられます。

ペットの食べ物の配給は後回し?

コロナウイルス蔓延の影響で海外では人間用の物資優先でペットフードや家畜用の飼料は手配が後回しになりがちになっているようです。今後日本でも品薄になる流れが考えられますので各々が備蓄をしておくべきと言えるでしょう。

通販が遅れているのが心配

流通経路に遅延が見込まれるので、海外から取り寄せている人はいつもよりも多少多めに注文しておくべきかもしれません。気候も暖かくなってくるので、防虫湿気対策・冷暗所への保存を徹底し、消費期限にも充分注意しましょう。

海外のフードにも注意が必要

原料に鶏・昆虫を利用しているものには注意が必要です。近年では病気や薬品で死んだ生き物を利用した粗悪フードが出回っています。中には日本語表記の海外産のフードもあるので必ず徹底的に調べてから購入してください。

最終手段としての手作りご飯検討

毎日の手作りご飯は高価かつ栄養が偏りがちになるのであまり推奨出来ませんが、どうしてもペットフードが手に入らない等、緊急時の際に犬・猫が人間と共通して食べられる物を予め確認・用意しておきましょう。

  1. アバター わんにゃん より:

    詳しい訳じゃないけど茸とかサプリメント系は大体中華産のイメージある。

  2. アバター わんにゃん より:

    西洋産だから関係ないと思ってたけど、業務委託先は中国だったり、原料は中国産だったりするからどこに影響出るかわかんないよね。特に病気で漢方系使ってる人がキツそう。

  3. アバター わんにゃん より:

    そうだよなぁ中国に依存してる会社っていっぱいあるもんね。
    ドッグフード切らさない様にある程度多めに注文しておこう。