これがペットショップ店員の本音…知っておいてほしい裏事情

0 いいね
読み込み中...

悪質なペットショップに勤めてしまい…

動物が好きで務めていたのに、売れないペットは秘密裏に保健所に送られていたり、廃棄されている事実にショックを受け、仕事を辞めてしまったという人も居るそうです。
今の時代は動物虐待の法規制が厳しくなっているため、保健所も受け入れを拒否し、怪しいお店は徐々に減ってきていますが、昔は今よりずっと多くのペット候補の動物達が犠牲になっていたのかと思うと胸が痛みます。

若さ・見た目至上主義なのはどこも同じ

昨今のペットショップの犬猫は売れ残れば処分されずとも、値下げされたり、系列店の保護犬カフェに移行されます。
管理費ばかり掛かって売れない年長の動物はペットショップにとってマイナス要素でしかありません。
千差万別好みはあれど、結局動物の世界も子供の可愛い頃、見た目が良い子が先に売れていくという世知辛い事情が浮き彫りになってしまうのが辛いそうです。
相性や性格の良さも、結局見た目の第一印象には勝らないというのも真意かもしれません。

高い・口うるさい店員がいるのは実は優良店

種類や年齢によって適正価格はありますが、あまり値引きしない店舗もあります。
また、飼う意思がない限り触らせてくれないところや写真禁止の厳しいところもあります。
客側からすれば面倒な店舗に見えますが、これらは店舗スタッフが動物の管理を徹底しており、引き渡したくない程溺愛してくれている証拠とも言えるそうです。
ペットショップでの購入をお考えなら、できればこういった店舗から迎え入れるのが良いと言えるでしょう。

子供を放置していく無責任な親が一番困る…

ペットショップ店員さんの一番の宿敵は買わない見物客だと言われています。特に子供は大声を出したり店内を駆け回ったりケージを叩いたり食べ物を与えてしまったりするのでかなり警戒するそうです。
ペットショップに用なく立ち寄る人は迷惑だと考えている店員さんは少なくないようですよ。

 

  1. アバター わんにゃん より:

    動物に子守代行させるなんて無責任親としか言えぬ

  2. アバター わんにゃん より:

    譲渡型の保護猫カフェも店員さんが怖い・厳しいところは管理がしっかりしてる印象でした
    でも客商売なのにあの態度は無いなぁともちょっと思ってしまいます

  3. アバター わんにゃん より:

    無条件に可愛い動物でさえ性格が良くてもモテないのは一緒なんですねぇ。
    心理学の世界でも外見的な魅力が全てらしいです。