爆発的に増えた保護犬カフェは怪しい?ブリーダーの下請けか?

0 いいね
読み込み中...

※サムネイル画像はイメージです。実際の写真とは異なります。

昨今数を増やし系列店舗まである保護犬カフェは保護団体を騙った下請け業者の可能性があります。
保健所の受け入れ体制が厳しくなり、繁殖引退犬の処分が満足に出来ず、ブリーダーやショップで売れ残った犬の里親を募集する名目で保護犬カフェを利用して、厄介払いをしているのではないか?という噂が後を絶ちません。

保護犬カフェは悪質なブリーダーやペットショップとグル?

保護犬カフェには所謂血統書付きの犬やチワワ・トイプードル等人気の犬種が多く集まります。
保護されて来た子と言えば慈善と思えますし、聞こえは良いですが、あまりにも同種・純血種の犬ばかりが集まる為、本当はブリーダーやペットショップと提携を組んで下請けしていたり、「払い下げ品」を売ったり譲渡する為の系列店舗なのでは無いか疑われています。

繁殖引退犬と態々書くことで同情を誘っている?

「繁殖引退犬です」「ブリーダーやショップから保護しました」と同情を誘う謳い文句を使って単純に売れ残りの犬をタダで引き取って貰おうと目論んでいるのでは無いかと疑念が絶えません。
保護犬なので出生が分からない、と言うのなら納得ですが、血統書や生まれ育ちがハッキリしてるのはあまりにも怪しいと思いませんか?

保護犬ビジネスに騙されないで

出処が定かではない保護犬カフェの犬を可哀想だと引き取ってしまえば業者の思うツボです。確かに保護犬カフェは犬と触れ合うことが可能な希少な環境かもしれません。結果的に犬が救えれば良いと言う人も居るでしょう。ですが、そういった業者にお金を落とす行為は財源を潤わせ、需要を増やす事で更に可哀想な犬を増やす悪循環に加担する事なのです。
怪しい団体の経営するお店には近寄らない方が犬の為と言えます。

犬にとって狭い空間はストレスになる…

猫は上下の運動が可能ですが、犬にとって狭い空間で毎日大人しくさせるのはストレスや運動不足の原因になります。犬はカフェビジネスに向いている生き物とは言い難いのです。まともな店舗を利用したいなら、入店前に犬の健康管理や勤務形態を良く確認しておいた方がいいかもしれません。

  1. コータ より:

    絶対そうだろうなって思ってた!なんか変だもん!犬カフェって全然無かったのに急に増えたから何が裏があるんだろうなって思ってた。絶対に行きません。