引き取り屋の新しい形?繁殖引退犬の保護犬ビジネスが問題に

0 いいね
読み込み中...
産ませるだけ産ませて不要になったらリリースするというブリーダーの業態が問題になっています。
売れ残りや高齢のペットの他、いわゆる繁殖引退犬を抱えきれなくなったペットショップやブリーダーが引き取り屋に持ち込む事が問題視されていましたが、昨今ではそれに代わり保護犬ビジネスと呼ばれる有償譲渡が横行しているようです。

動物保護なんて大嘘?

繁殖施設で使えなくなった繁殖引退犬を引き取ったり、自社の売れ残りの犬を保護したと嘘をついてその可哀想な境遇をエサに在庫処分品として有償で売りさばいています。
劣悪環境下において飼い殺しにするよりは遥かにマシと言えますが、引取屋に掛かるお金を浮かせたいだけという指摘や、あたかも哀れな境遇に陥った動物を保護していますという慈善事業の様な態度を装っているのが善意につけ込んでいる様で許せないという人も多いようです。

悪い事とは思っていない人も多い

路頭に迷う犬は減るし、繁殖引退犬でも良いじゃないか!と思う人も居るかも知れません。
ですが、そもそも犬の飼育義務は終生と法律で既に決まっています。
その法を逃れるための卑劣な行為であることに変わりありません。
また、そういった犬を救ってしまえば需要があると思わせてしまいます。
需要が少なければ可哀想な犬は減るのです。
誇らしげに引き取った旨を話される人も多くいらっしゃいますが、情報弱者である事を公表していると影で思われているかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました