優雅なだけじゃないトリミングの世界。噛み犬に疲れるトリマーや暴れて出禁になるペットの飼い主も

0 いいね
読み込み中...

トリマーさんと言えば、名前の雰囲気から優雅で動物と常に触れ合える楽しい仕事と思われがちですが、実はかなりの肉体的にもメンタル的にもタフなスペシャリストしか無いとなれない特殊な職業の一つと言えます。

トリミングサロンの現場は厳しい縦社会

技術職なので、学校で学ぶ事が難しい職人技を先輩から学んで盗んだり、また、職人気質の気難しく厳しい人も多い為、怒鳴られたり説教をされたり叱られる事が比較的多い様です。
環境が合わないと判断すればそのお店から身を引く事も大事かも知れませんが、大切なペットを信頼されて預かるお仕事なので、本当に良いトリマーになりたいなら、優しく教えて貰えるという甘い考えは捨ててある程度の覚悟を持つべきかもしれません。

肉体的負担も大きい

人見知りで乱暴な態度を取るペットを相手にした場合最悪大怪我をする可能性もあります。
噛まれる・引っ掛かれるは当たり前で暴れられて作業にならない場合は飼い主さんと相談してカットが取り止めになる事すらあります。
犬との相性が悪く、トリマーさんが耐えきれず泣く泣くお店を出禁にするケースも実は少なくありません。

犬への愛情だけでは仕事は出来ない

お仕事を依頼してくるのは行儀の良いペットを持つ飼い主ばかりではありませんし、だからと言って放っておけば長毛になる犬を放置するわけにもいきません。
犬が常に大人しければ良いですが、言葉の通じない相手ですから、気まぐれに身体を動かしたり暴れる事だって充分あり得ます。
時には心を鬼にして嫌がられても押さえつけ、与えられた時間内で迅速に作業を行わなければなりません。