偽善や自己満足で「可哀想」の衝動買い?ペットショップの売れ残りを買う人は営業戦略に乗せられている?

0 いいね
読み込み中...

ペットショップは同情を誘って購入させるのが狙いです

ペットショップは街の目立つところに点在し、売れ残りのペットも売る為に可愛くかつ、可哀想に見えるようにキレイに飾りつけています。
ペットショップは保健所や保護犬猫の拠点に比べ、立地・マーケティング共にとても優れています。
つまり運命や命を救うと言えば聞こえは良いですが、あなたはペットショップに出会いを操られ同情心を煽られてまんまと営業戦略にのせられているかもしれません。
商品だから当然と言えば当然な行為ですが、それで購入を考えてしまう貴方は正義などではなく、単純にペットショップの営業戦略にまんまと乗せられているという訳です。
本当に可哀想だと思うなら、まず本当に死と隣り合わせに立たされている保健所の犬猫に手を差し伸べてみませんか?

買わなければ救われないという思い込み

あなたは「恵まれない可哀想な命に手を差し伸べる正義感のある優しい私」に酔っ払っていませんか?
ペットショップの廃棄寸前のペットを購入するという行為は偽善や自己満足である事と自覚するべきで、悪徳ペットショップの殺処分や廃棄に結局加担していると思った方が良いと言えます。
目の前の犬猫を今買わなければ可哀相な目に合う!と言われれば確かにそうかもしれませんが、買うことで需要を増やせば結局その可哀相な目に合う新しい犬猫が増えるだけなのです。

そもそも可哀想な目に合わせるペットショップは少ない

殺処分・動物実験・繁殖犬にされるなどは一昔前のレッテルであり、売れ残って可哀想な目に合うペット達は実際そこまで多くありません。法的に問題がありますし、何より却って手間が掛かってしまいます。
大抵は値引き・別店舗への移動・ブリーダー返却されます。
可哀想で可愛いものが大好きな日本人の国民性から購入されない犬猫は少ないというのが実情です。