ペットを飼う心構え、犬猫を飼うのに向いてるのはどんな人?

1 いいね
読み込み中...

ペットへの愛や可愛いと思う感情は必要最低限のものであり、本当に必要なものはもっと沢山あります。
安易に飼い始めて「思っていたのと違った」となってはお互いに不幸になってしまいます。
ペットは家に招き入れたその日から例え血のつながりがなくても家族の一員であり、手に余るから飼うのを辞めると無責任に言う事は絶対に許されません。
どうか愛情だけでなく、命を預かったという覚悟を持ってペットを迎え入れてあげて下さい。

世話好きな人

大前提としてやはり世話をする事に喜びを感じている人がペットを飼うのに向いてると言えます。
ペットのご飯や遊びに付き合ってあげるだけでなく、日頃のケアや体調管理、しつけ、掃除や粗相をしてしまった時の処理など汚い事や面倒な作業も日常的にしなくてはなりません。

自分以外に面倒を見てくれる人が居る事

仕事や旅行や急病、老衰などが理由でペットの面倒を見続ける事が難しくなった時、他に代打を引き受けてくれる人は必ず必要だと言えます。

余裕のある暮らしをしている事

何が無くても必要最低限のお金は必要です。ペットを飼うのはとてもお金が掛かります。
餌代・生活費・医療費などは下手をすると人間よりも高額になります。
ペットが可能な賃貸物件はまだまだ少ないですし、あっても割高である事が多いです。

物が破壊されても怒らない事

しっかり管理していても、ペットに大事にしている物や道具を壊されてしまう可能性は少なくありません。
どんな時でも「しょうがないなぁ」と大らかに諦められる人の方が良いと言えます。
躾けは必要ですが、言葉が通じないのですから叱ってばかりいれば更にストレスを感じて破壊衝動が酷くなってしまう可能性もあります。