車に愛犬を乗せる時に気を付けるべき事

0 いいね
読み込み中...

犬の安全面を配慮する

車の運転中は運転に集中しなければならない分、愛犬の行動観察がどうしても疎かになってしまいます。落ち着きがあまり無い犬の場合は付き添いの人が面倒を見てあげるのが理想です。小型犬には専用の椅子を設置してあげると良いです。また、車の機器を弄る悪戯をすれば飼い主さんにも危険が及びます。犬が運転席の付近に近付かない様注意しましょう。

車の部品を齧ってしまう可能性も考えておく

車内の部品を齧らせない様にしっかり普段から躾けておきましょう。安全面への心配もありますし、車の部品は非常に高価です。噛み癖がある犬を車に乗せなければならない場合は、一時的にマズルガードを利用する等予め対策を取っておきましょう。

毛の対策はしておいたほうがいいかも

車内が愛犬の毛まみれになってしまう事もあります。キャリー等を利用・犬専用のスペースや定位置を確保・座席カバーを利用・毛が落ちやすい車の床にはマットを引く…等色々工夫してみましょう。
空調に毛が入り込むと故障の原因にもなりかねませんので、掃除は定期的に入念に行いましょう。

車酔い対策は万全に

車に乗せる前にあまり食べ物を食べさせ過ぎない様にしましょう。極度の空腹も車酔いの原因になる可能性があるので軽食を摂らせる程度にさせた方が良いです。
小型の犬は特に遠心力による身体への影響が大きいので、運転も可能な限りなるべく丁寧にした方が負担は軽減されます。
車の中は酸欠になりやすく匂いも籠もりやすいので、時々窓を少しだけ開けて外の空気を取り入れましょう。その際犬が外に身を乗り出さない様に注意してあげて下さい。