左右の目の色が異なる神秘的な見た目の「オッドアイ」猫は身体が弱いって本当?

0 いいね
読み込み中...


左右の目の色が違う事をオッドアイ(oddeye)と呼びます。
オッドアイは先天性の色素異常によって引き起こされた「虹彩異色症」です。
オッドアイの猫は見た目が神秘的で目を惹かれますが、実は身体が弱い個体が多いと言われています。

猫の目の色

猫の目の色は大きく分けて青・緑・黄色・褐色があります。
猫は幼少の時期だけキトンブルー(kitten+blue)と呼ばれる青い目ですが、メラニン色素の沈着によって本来の目の色になる生き物です。
成猫の目の色はある程度品種によって決まっていますが、メラニンが少ないと色素異常によって青い目のまま成猫になる場合があります。

幸運の証?

オッドアイの猫は個体が少なく非常に珍しい為、その風貌の神秘性も相俟って幸運を運ぶ縁起の良いものとして扱われる事もあります。

白猫はオッドアイになりやすい!

どんな柄や品種の猫でもオッドアイになる可能性はありますが、特に白い被毛を持つ猫はメラニンが少ない為に青い目の色を保持したまま成猫になる確率が高いようです。その為オッドアイになる白猫が割合的に多いのです。

オッドアイの子は身体が弱い?

オッドアイは美しいですが、「虹彩異色症」と呼ばれる遺伝子異常による病気の一種です。
メラニン色素は紫外線から身を守るバリアーの役割を果たしていますので、色素が少ないと皮膚がん等の病気にかかりやすくなってしまいます。
また明確な理由は明らかになっていませんが、白猫でオッドアイの猫の半数は遺伝子異常が耳の器官にも及び、先天性の聴覚障害を患うと言われています。

完全室内飼いならほぼ安心

外で生きてく上で難聴や日の光に弱いのは致命傷になりますが、飼い猫で室内飼いを徹底しているのであればそこまで神経質になる必要性は無いです。
オッドアイの猫はその他にも、先天性疾患を持ち産まれてくる事が多いので、気になる症状があれば獣医さんに相談した方が良いと言えます。