犬は歯石が溜まりやすい!ペットの歯磨きを上手にこなすコツは?

0 いいね
読み込み中...

犬は虫歯になりにくい生き物ですが歯磨きはもちろん必要です。

犬は歯石が溜まりやすい

犬は虫歯にはかかりにくいものの歯石が溜まりやすく結果的に歯周病にもなりやすいです。
歯の色は勿論ですが、口臭が無いか炎症を起こして歯茎が腫れたり出血していないか等こまめにチェックしましょう。

犬にも歯磨きは必須

最低でも二日に一度、犬の歯磨きが推奨されています。人間が使うようなブラシタイプのものもありますが、ふきとりシートやシリコン製の物等様々あります。犬種や飼い主さんの使いやすさに合わせて選ぶと良いでしょう。

褒めて楽しく歯磨き

無理やり歯磨きをするのは歯磨き嫌いを助長させてしまいます。
最初は無理やりせずに、ちょっとずつさせて習慣化しましょう。
歯を磨くと楽しい、ご褒美が貰える!という事を印象付けてさせるのが一番です。
犬は歯が頑丈なので、おやつをあたえながら歯磨きをしても問題ありません。

口元に触れる事を慣れさせる

遊びの一貫として口元に触れさせてくれたらご褒美をあげるという事を普段から学ばせると良いでしょう。この時、歯ブラシを持ちながらするのが効果的です。

歯磨きガムなどは補助食品として利用する

歯磨きガムは歯の表面の汚れを刮ぎ取るのに活用できます。また、犬の唾液の分泌も促してくれるので歯石が付着するのを防いだり、口腔内の潤いを保つ事で菌の繁殖を軽減させる事ができます。