ペット飼いの大敵!湿気に要注意

0 いいね
読み込み中...

過度の湿気は人間や家屋だけでなくペットにとっても大敵です。ペットを飼育している人は気温だけでなく湿度にも気を配りましょう。たかが湿気と油断して対策を怠れば、至る所にカビが生え病気の原因になり、治療やカビ退治に余計にお金が掛かってしまうかもしれませんよ。

ペットも湿度にやられます

人間同様ペットも湿度が高いと気温以上の暑さを感じ易くなります。
高温多湿は皮膚トラブルや体調不良の原因に繋がります。
また寝ぐせが付いたり絡まったりと被毛のコンディションが悪くなる事もあるので長毛のペットはいつもよりこまめなケアが必要です。

ペットフードのカビに注意

大量に購入して経済的に済ませたい人や備蓄でいざという時に備えたい人も居るかもしれませんが、高温多湿を避けての保管が厳しい場合は買い溜めはしない方が賢明かもしれません。
ペットフードは開封していなくても保存状況が悪ければカビが生えたり腐ったりしてしまう恐れがあります。

飲み水の細菌の繁殖も恐い

雨季や湿気の多い時期は給水機や飲み水を入れたお皿はこまめに取り換え衛生面に特に気を使いましょう。
留守中など高頻度で水の取り換えが厳しい時はエアコンや除湿機・空気清浄機を駆使して兎に角部屋の低温・低湿を保つべきです。特に部屋の湿度が高いと、たった半日でもカビや細菌の温床になる可能性大です。

 

  1. アバター わんにゃん より:

    うちも一階、奥まった家なので気を付けないと直ぐカビだらけになります!
    基本的に空気清浄除湿機とエアコンは夏冬回しっぱなしですね。

  2. アバター わんにゃん より:

    うちは半地下の部屋で、油断していたら長雨の影響で天井の隅にカビが生えてしまいました…。犬の手が届かない所で良かったですが、拭き取り作業も大変だったし、家財にカビが生えて無いかチェックするのがすごく大変でした。