米国産ドッグフードから高濃度のカビ毒アフラトキシンが検出

0 いいね
読み込み中...

米国産のドッグフードからカビ毒(マイコトキシン)の一種であるアフラトキシンが見つかりました。
これが原因で現在に70頭の犬が死に、80頭以上の中毒症状が報告されています。
現在では該当商品は回収対象となっており、獣医師や飼い主さんに注意が呼び掛けられています。

アフラトキシン中毒とは?

アフラトキシンによって引きおこる中毒症状です。
多湿な環境に穀物などの食べ物を放置する事で発生します。
大量摂取すると主に消化器系の異常・体調不良を引き起こし最悪の場合は死に至る可能性もあります。