山口大共同獣医学部が犬のがんへの効能が期待される治療薬を新たに開発

0 いいね
読み込み中...

山口大共同獣医学部の研究グループ犬のがん治療に効果が見込める抗体医薬を新たに開発しました。
これによって既存では治療が困難とされた犬の腫瘍が無くなるケースが臨床試験で確認されました。
市販薬としての販売はまだ先になりますが、今後救える犬の命が増える事が期待されています。

犬はメラノーマ(皮膚がん)になりやすい

犬の口の中に出来やすいとされています。口腔内の不衛生が原因の一つにありますが基本的には発病は原因不明である事が殆どです。