健康に長生きして欲しい愛犬の為にドッグフードの選ぶ基準を知りたい!

0 いいね
読み込み中...

ドッグフードを選択する上で最も注目すべき点は実は国産品でもブランドでも無く原材料です。
飼っている愛犬の年齢や体調・アレルギー体質などに合わせ、品質重視で選んであげましょう。
また、病院やペットショップなどの指導で勧められるフードもあるかもしれませんが、犬が食べてくれなければ意味がありません。
体調管理は大事ですが、味付け・歯ごたえ・匂いなど犬よって好み違いますので、食いつきが悪かったら色々なメーカーを試してみる事も重要です。

ドッグフードはまだまだ発展途上

ペット業界はペットフードを売る為の「それらしい売り文句」や「健康に良さそうな似非科学」がとても多いです。
犬は肉食動物なので穀物は必要ない、と定説するグレインフリー神話も昨今ではペットとなった犬は最早野生の生き物では無いから体質的にも雑食寄りになってきている、グレインフリーフードを与え続けると心臓疾患になる可能性も否定できない、と言われるようになってきました。
全ての犬に必ずしも向いているドッグフードなど存在しない事、愛犬にとって一番な物は何かを考える事が重要です。

人間も食べられる材料であること

安価なペットフードは人間が食べるのに適さない部位や病気になった畜肉を素材として利用しているケースが少なくありません。
ドッグフードは実は過酸化物質の規定量が人間が食べるインスタントの食べ物よりずっと審査が緩いのです。
これは開封してから何日も経った食べ物と同義です。
確かに人間と犬とでは体の構造が違いますが、明らかに品質の低い物を愛犬に与えたいと思いますか?

海外製のほうが品質が良いかも

日本のペットフードは販売して良いレベルの基準値がかなり低い為一切与えないと言う人が多いです。
実際に成分表を確認すると、添加物でカラフルな色付けをしたり、農薬も汚染物質も日本基準の規定内とはいえ、遠慮なく信じられない程にたっぷり利用しています。
また、極端に旨味成分の強い味付けをしているペットフードは、継続して与え続けると軽い中毒状態になる可能性もあるようです。
海外製のドッグフードで注意したいのは、賞味期限に余裕があり品質管理がしっかりしているお店選びです。
公式サイトからの通販の定期便などを利用するとお値段もお得ですし安心です。

体調や排泄物の様子を確認する

目やにや吐き下しの症状があった時、ドッグフードを変えたら改善した、という場合も多くあります。食は身体の資本、ペットとなっている犬は自分で食事を選べませんので食べ物は特に気遣ってあげましょう。