犬を風呂ギライにさせない方法は?

0 いいね
読み込み中...

犬は臭いを取る他、衛生を保つために必ずお風呂が必要です。
だからといって無理やりお風呂に連れ込むのはお風呂ギライになってしまう可能性もある為ご注意。

犬が水を嫌がる理由

犬は本能的に水に濡れて自分の匂いが落ちてしまう事を嫌がります。
全身に毛が生えているので、濡れてじっとりする感触も不快なのかもしれません。

水ではなくシャワーが嫌な場合も

犬は人間に比べると約二倍以上耳が良く、音に対しては敏感です。なので水が恐いのでは無く、もしかしたらシャワーの大きな音を恐れている場合があります。
また、人間に比べて皮膚が薄い為シャワーが当たる感触を嫌がっている可能性もあります。
シャワーをする際は水圧を弱めてあげると良いかもしれません。

犬種・室内外・年齢によってお風呂の頻度は変わる

老犬や室内犬は汚れにくいので最低月一度お風呂に入れてあげれば衛生面は問題ありません。
室外で飼育している場合汚れや外の菌も気になるかと思うので週に一度位の頻度でお風呂に入れてあげましょう。
お風呂に入ったばかりのタイミングで、どうしても汚れが気になる場合は無理に入浴させず、タオルやペット用のウエットティッシュで拭いてあげると良いでしょう。

犬がお風呂を嫌がる理由は実は信頼関係の問題って本当?

風呂ギライは性格、匂いがとれてしまうから…それは勿論あるでしょう。
しかし根本の理由は飼い主さんと犬との信頼性不足かもしれません。
水を恐い物と経験させるのが一番良くありません。水に纏わる物に驚く犬は飼い主さん側からするとちょっと滑稽で面白いかもしれませんが、そういった経験がトラウマになってしまう可能性もあります。お風呂好きにする秘訣はお風呂を「いいもの」と教えてあげる事がまず重要です。
終わったらご褒美を与えたり、沢山遊んであげるのも良いものとして覚えさせるのに有効的です。